MENU

モグワンドッグフードは着色料も添加物も入っていないの?

モグワンドッグフードには、着色料や添加物は入っているのでしょうか?
愛犬の健康のためにも、安全なものを与えたいですよね。

 

着色料や香料は無添加

 

様々な目的で着色料や香料などの添加物が入ったドッグフードが売られています。
中には、鮮やかな色で美味しそうに見せるために入っているものもあります。
赤色3号や赤色102号などの人工着色料には、発ガン性があるので避けたいですね。
そもそも、犬は色を識別する能力が低いと言われています。
飼い主にとって美味しそうな色にしているだけで、犬には不要なものです。
また、品質の悪さを誤魔化すために、香料を加えて食欲を刺激させるドッグフードが存在しています。
品質が悪い素材も香料も、犬の健康を損なうリスクを高めます。
モグワンドッグフードは犬の健康を考え、着色料や香料、発ガン性のあるBHAやBHT、エトキシキンなどの酸化防止剤は一切使用していません。
品質保持のため、自然由来のビタミンEを配合しているだけで、人が食べても安全なほどです。

 

甘味料の甘い罠

 

ドッグフードの食いつきを良くするため、甘味料を加えている場合があります。
中には危険なものがあるので注意が必要です。
例えば、グリシリジン・アンモニエートは、安全性が未確認で人に対して使用を認められていない人工甘味料です。
人に使えず、安全か分からない甘味料を愛犬に食べさせることは不安でしょう。
甜菜を搾り取った後に残る副産物のビートパルプは甘みがあり安いため、食いつきを良くしたり、かさ増しさせる目的で配合されていることがあります。
ただ、犬に必要な栄養はほとんどなく、ビートパルプの繊維が原因で便秘になりかねません。
甜菜を絞る際に硫酸系の化学物質を使うこともあるため、避けた方が良いでしょう。
また、甘味料としてコーンシロップを添加しているドッグフードもありますが、副腎や膵臓に負担が掛かります。
糖尿病のリスクが高まる恐れがあるので避けましょう。
モグワンドッグフードは、愛犬の健康を脅かすような甘味料を使っていません。
リンゴやバナナなどのフルーツが入っているため、自然な甘みがあって美味しいのです。

 

モグワンドッグフードには、着色料や香料、甘味料などの添加物は一切使用していません。
犬の健康を最優先に考えて作られているので、安心して与えることができます。